So-net無料ブログ作成
検索選択

熊野古道放浪記 その②

熊野本宮大社を出て、あてもなく十津川村方面へ車を走らす。


途中の交差点で、玉置神社まで右折10キロとの看板が目に付く。


「掘りさん、玉置神社って良さそうやね。

右折してもらってもいいですか?」


「はい、いそろくさんのご希望ならどこでも行きますよ!」


交差点を、右折するなり狭い急な登りの峠道に。


「こんな山道を10キロも進むの~」と、

叫びながらハンドル右左に慌ただしく切り返す掘りさん。


いくら登っても頂上が見えず、下界が小さくなっていくばかり。


そのうち白い物がちらほらと空から降ってきたと思ったら

いきなりドカ雪の吹雪になって、一面真っ白。


掘りさんが叫んだ。

「あの~いそろくさん、私、昨日スタッドレスタイヤから

ノーマルタイヤに替えたばっかりやねんけど。。。」


2月に秀明会で、八甲田山で遭難した悪夢がよみがえる。


4月も中旬やのに、恐るべし熊野古道。


なんとか頂上にたどり着くと、玉置神社の駐車場だけが、

ぽつんとあり、標高1000メートル以上で見渡すかぎり山また山。


案内図を見ると、神社へは徒歩30分と書いてある。


掘りさん、「私、寒いから車で待ってます。」





14042715.JPG





春の薄着で、どうしょうかと一瞬考えたけど、家から5時間もかけて

来たから行くしかないでしょと、威勢よく車から飛び出たけど、

雪があって突風が吹いて寒いのなんの。


「真冬やん~」と叫びながら、本殿へと早足で参道を進む。


しかし参道は、とても神秘的で雪の薄化粧が、さらに美しさを増して、

カメラを向けるのが楽しくて寒さを忘れるほどでした。





14042716.JPG















14042717.JPG















14042718.JPG















14042719.JPG















14042720.JPG















14042721.JPG















14042722.JPG















14042723.JPG















14042724.JPG





本殿へ参拝を済ましてからの帰り道、

なんか急に体が重くなり足が動かなくなった。


もともと風邪ぎみで体調が良くなかったけど、

撮影の集中力とこの寒さでさらに体調が悪化したようで、

駐車場まで帰れないと思って座り込み、

猪年の後先考えず突進する性格がアダになったと深く反省する。



休み休み、なんとか駐車場に戻ると、お日さまが顔出してくれたよ!!



14042725.JPG





「パワースポット」そんな簡単な言葉では表すことのできない、

何千年も続く幻想的で神秘的な、熊野本宮大社、玉置神社への旅でした。





追伸

その帰りみち、堀さんが十津川村の谷瀬の吊り橋に寄ってくれたけど、

発熱でふらふらしてたため、吊り橋を見るだけで渡ることができませんでした。


けっして高所恐怖症ではございません。。。




熊野古道放浪記

この日、掘りさんと、あてのない旅へ



熊野古道を、気の向くまま風の吹くままに車を走らせ、


熊野本宮大社にたどり着きました。




14042701.JPG















14042702.JPG















14042704.JPG















14042705.JPG















14042706.JPG















14042707.JPG















14042708.JPG















14042709.JPG





この日は、天候が不安定で、晴れたと思ったらすぐに雲って、また晴れて。


昼食に入ったうどん屋で、メニューには、うどんしかなかったけど、


そばが欲しいと無理頼んでみたら、そばもできますと言われたんでビックリしました。


昼食を済ませて店を出ると、なんとどしゃ降りの雨。


待ってても仕方ないので、カメラを必死で守って、本宮の駐車場まで猛ダッシュ。


どしゃ降りの雨の中、300mm走った地点で、突然雨がやんで晴れた。


全身べたべた。


店で待ってたら良かった。


猪年の待てない性格がアダに。





14042710.JPG















14042711.JPG















14042712.JPG





熊野本宮大社は、もともと何千年もの間、河川敷にあった。


明治時代、森林の伐採が進み、保水力を無くした山のせいで、


大雨の時、河川が氾濫して、本宮大社は壊滅状態になったらしいです。


その後、現在の高台に移されたようです。


本宮大社の跡地も訪れました。





14042703.JPG















14042713.JPG















14042714.JPG



熊野古道は、神秘的で魅力的な場所がたくさんあります。



次回、秘境の玉置神社編に続く。




絵心

夕暮れの街を、カメラぶら下げて歩いてた。



幼い孫を、おんぶして歩くお婆さん。


「僕、そろそろ降りないかな?」

と、お婆さん。


「いややいやや、もっと乗っときたい」

って、だだこねてるチビちゃん。



自分の小さな時も、この子と同じように、よくばあさんにおぶってもらって、


いつも降りたくないと、だだこねてたの思い出した。





14032901.JPG





昨年の暮れに祖母が亡くなって、もう100日が過ぎた。



自分が物心付いた頃から、祖母は毎晩寝る前に、


これに自由に絵を描きなさいと、大きな画用紙を一枚渡してくれた。


毎晩、鉛筆やマジックで、自分が好きな動物や戦艦の絵を夢中で描いた。


その横で、祖母も動物やちっちゃい子供の絵を描いてた。


祖母の絵は、とても上手く、カバやゾウがほんとに生きて歩きそうな絵だったのを覚えてる。


自分が絵を描くことに対して、ここを直しなさいとか、ここをこうしなさいとか一切口を出さず、


良いとも悪いとも言わずに、ただ自分の横に並んで同じように絵を描いた。


おかげで、いつのまにか自由に好きなように絵を描くことが好きになってた。


図画の授業では先生の教えを無視して、独特な絵を描いて、よく賞をもらってた。



毎晩、祖母と絵を描いてたことが、今の撮影に生かされてるとよく考える。


幼い僕に、絵心を宿してくれた祖母に深い感謝を。




祖母が亡くなった次の日の夜、夢を見た。


デパートで、うちの長男が迷子になって、必死で探してたら、祖母が長男の手を引いて現れた。


「しっかり子供の手、握ってなきゃあかんよ」って、ほほ笑んでた。






クモリノヒ


青空を探したけど、


どこまで行っても曇ってた。



14031601.JPG















14031602.JPG















14031603.JPG















14031604.JPG















14031605.JPG















14031606.JPG















14031608.JPG















14031612.JPG















14031609.JPG















14031607.JPG



空が灰色なら海も灰色


空が青色なら海も青色


空が夕焼けなら海も夕焼け


空が笑ったら海も笑うかな



14031611.JPG



空と海


光と影


君と僕



14031610.JPG



どこまでも相対的で


いつまでも続いていく



明日への疾走

子供の頃のように


何も背負わず


何も考えず


風を感じながら


ただペダルを踏んでいたい




1021.jpg




毎日惰性でまわって

あの頃は良かったなんて

言ってるほどバカじゃない



未来の自分に向かって

重いペダルを踏み続けよ

すべてを背負って








いつもの帰り道


いつもの帰り道


夕暮れの頃


見慣れた景色の中に


いくつもの情景が




IMG_5357.JPG















IMG_5404.JPG















IMG_5440.JPG















IMG_5441.JPG















IMG_5442.JPG















IMG_5446.JPG















IMG_5449.JPG















IMG_5450.JPG















IMG_5453.JPG















IMG_5460.JPG















IMG_5466.JPG















IMG_5471.JPG















IMG_5472.JPG















IMG_5513.JPG















IMG_5532.JPG



いつも、ここの夕日を眺めながら・・・



街を歩けば

写真のことわかってたようで


ほんとは何もわかってなかった


すべてをスタートラインに戻して



IMG_5240.JPG















IMG_5242.JPG















IMG_5244.JPG















IMG_5249.JPG














IMG_5255.JPG















IMG_5272.JPG















IMG_5278.JPG















IMG_5283.JPG















IMG_5285.JPG















IMG_5288.JPG















IMG_5292.JPG















IMG_5293.JPG















IMG_5294.JPG















IMG_5298.JPG















IMG_5302.JPG















IMG_5309.JPG















IMG_5310.JPG















IMG_5314.JPG















IMG_5316.JPG















IMG_5319.JPG















IMG_5327.JPG















IMG_5331.JPG















IMG_5336.JPG















IMG_5339.JPG















IMG_5342.JPG















IMG_5343.JPG















IMG_5345.JPG















IMG_5346.JPG















IMG_5347.JPG















IMG_5348.JPG















IMG_5349.JPG



自我を超えた写真を撮りたい



雨上がりのアジサイ園

とあるアジサイ園


暮れる頃、雨上がりのやさしい光が


木々の間から、木漏れ日となって


アジサイ達をドラマティックに照らしました



No962.jpg















No963.jpg
















No964.jpg















No965.jpg















No966.jpg















No967.jpg















No968.jpg















No969.jpg















No970.jpg















No971.jpg















No972.jpg















No973.jpg















No974.jpg



やさしい光で撮りたくて、閉園前ぎりぎりに、


家族で訪れた、アジサイ園。


入り口で、入園料を払おうとしたとき、


アジサイを育てて管理されているボランティアの方々が、


「もうあんまり時間ないから、入園料はいらないですよ、


子供さん達にも、自慢のアジサイ見て欲しいし。


どうぞ、自由に入って。」


って、入らしてもらいました。


集中しすぎて、閉園時間から30分も過ぎてしまいましたが、


ボランティアの方々、笑顔で待っててくれました。


子供達は、とっくの昔に隣の公園で遊んでたようですが。。。



雨上がりの夕暮れ



しとしと、しとしとと、毎日雨がふり続いた



そんな雨の日の夕暮れ



雲の隙間から、オレンジの光が射した






No942.jpg















No943.jpg















No944.jpg















No945.jpg










ひさしぶりに見る太陽の光


オレンジに包まれた情景を目にした時


毎日がとてもちっぽけで


そのなものに必死にしがみついてるのが


とてもバカらしいことだと思った










No955.jpg















No956.jpg















No957.jpg















No958.jpg















No959.jpg















No960.jpg















No961.jpg







その毎日があるから


おおきな夢、みていられるのかな







ああ風になって

ああ風になりたい


日常の、わずらわしさから抜けだして



風になって


花をゆらしたい


列車を追い越したい



No935.jpg















No936.jpg















No937.jpg















No938.jpg















No939.jpg















No940.jpg















No941.jpg



風になって繋がっていたい・・・



見知らぬ港に、光を求めた


けものが、野に解き放たれるように




No925.JPG















No934.JPG















No926.JPG















No927.JPG















No929.JPG















No928.JPG
















No930.JPG















No931.JPG















No932.JPG















No933.JPG



見慣れた街で、錆びついた鎖に繋がれ続ける


広い荒野を睨み続ける


光と自由を食らう


心は飼いならされた豚ではない



なにも


この季節

なにもない場所


でも


光がある

風が吹いてる

思い出がある



No914.jpg















No915.jpg















No916.jpg















No917.jpg















No918.jpg















No919.jpg















No920.jpg















No921.jpg















No922.jpg



なにもなくて

なにもかもある場所






夜空ノムコウ

No923.jpg















No924.jpg



置かれたところで


自分らしく精一杯生きる


下へ下へと根を張る


次に咲く花が


より大きく美しいのもになるために



だったよね



夜明けは、もうそこに





もののふの唄

ありふれた光景を

最もドラマチックに斬る



No904.jpg



一切の妥協を許さず

小さい一コマに命を掛け

空間を斬る

時間を斬る

季節を斬る

風を斬る

光も影も斬る



No905.jpg















No906.jpg















No907.jpg















No909.jpg















No908.jpg















No910.jpg















No911.jpg















no912.jpg



無欲無想の剣よ

不安に満ちた闇夜も斬り裂け



正月の夜遅く、布団の中。

浅い眠りに、携帯電話の着信音が鳴り響く。


「おー、久し振り、元気しとー??」:彼

「あー、寝てたからもう切るわな。」:私

「何でやねん。」:彼


もう、何年も会ってない旧友からだ。


「年賀状ありがと。

今から年賀状書いて出すからな。」:彼



No901.jpg



彼、昔から破天荒な無頼漢。

はちゃめちゃで、毎日、酒浸り。

一緒になって、無茶なことばっかりやってたっけ。



No902.jpg



その昔、彼から携帯電話に、もう死にたいと連絡あってから、愛車と共に行方不明に。

彼の母親が何回も居場所がわかったら教えて欲しいと連絡がある。

一週間ほどして、彼から、今、北海道に居ると連絡があった。

高速道路をぶっ飛ばして、気付いたら北海道に来てたらしい。

どんだけ、気付くの遅いねんと、ツッコミ入れたこと覚えてる。



No903.jpg



電話の話しを聞くと、今だに、はちゃめちゃな生き方で、年末の会社の忘年会で、

気が付けば病院のベットの上で寝てたらしい。

酔い潰れて歩道で寝てたらしく、凍死寸前で救急車で運ばれたけど、病院で暴れたらしい。

体を強く押さえつけられて、全身青アザだらけやけど、まっく覚えてないらしい。

その体験以降、彼、気付いたらしい。


 ”普通に生きているのが幸せ”と。


40才前になって、ようやく気付いたんか。

どんだけ、気付くの遅いねんと、ツッコミ入れた私。

って、10年前にも、行ったことあるようなセリフ・・・



電話を切った後、布団の中で、いつしか社会の歯車に小さくはまってると、自分につっこんだ。。。



タグ:

約束の橋


元日の早朝


きらびやかな橋を眺めた



No897.jpg















No898.jpg















No899.jpg















No900.jpg




明日へと繋ぐ橋


不自由から自由へ


不安から希望へ


そして、夢へと繋がれ



心と心を繋ぐ橋




初笑い

元旦の早朝、久しぶりに

仲間達と初日の出の撮影にでかけた。


 無邪気に、笑えた。。。


No895.jpg



今年、僕には挑む意志がある


過去も未来も関係なしに


今に賭ける



強い手

母から年賀状用に、自分と孫二人が写ってる写真を撮って欲しいと頼まれた。


えー、もー、めんどくさいなと思いながら、なにげなく撮った一枚の写真。



No894.jpg



パソコンのモニターで確認すると、そこには、孫二人を強く抱きしめる母の手が写っていた。

家庭をかえりみない父のそばで、しっかり僕と妹を育ててくれた強い手、やさしい手だと思い、

ただ呆然とモニターを眺め続けた。


撮影の時に自分が意識することなく、写った母の手。

現実をしっかり写し込む写真の恐ろしさを知った。


演出された目を引く写真より、演出の無い、しっかり真実を写し込んだ

素朴な写真を撮りたいと再認識した日だった。



冬の日本海

せわしい日常の中に心あらず


想いは、いつも冬の日本海


穏やかな波


荒れ狂う波


人のような波の感情


その感情の瞬間を写したい



885.jpg















886.jpg















887.jpg















888.jpg















889.jpg















890.jpg















891.jpg















892.jpg















893.jpg



荒波に近づいてファインダーを睨む


いい作品が撮れるなら


高波にさらわれてもいいと命を張る



White

冬が来た


僕の季節がやって来た


雪が降った


美しいもの、醜いもの


すべてを白に包み込んだ



879.jpg















880.jpg















881.jpg















882.jpg















883.jpg















884.jpg



僕の日常を、そっとやさしく包んでれるもの


それは・・・



Nothing

夜明け前

大自然の中に立つ


人間の生活音なんか聞こえない

携帯電話の電波なんて届かない

渓流の流れしか聞こえない


遠くで、けものが鳴いた


近くの林から聞こえる音は熊か

雄鹿が林道を横切った



No875.jpg










やがて夜が明ける

太陽神を信仰したくなる瞬間

人間の無力さを感じる瞬間

自分が無になる瞬間



No878.jpg















No876.jpg















No877.jpg




そして僕は、生活音しか聞こえない日常に戻っていく



ファイト!!

撮り続ける君の作品を


     撮らない奴らが笑うだろ


ファイト!!



残りの人生と勝負してる君の情熱を

  
     残りの人生を惰性で回ってる奴らが妬むだろう

 
ファイト!!




No874.jpg





この一筋の光に救われるように


迷うことなく


暮れる頃

暮れる頃に、カメラ持って散歩できる時間。


普通のことのようで、なかなか時間がつくれない。


なぜ? どうして? こんなに忙しいのか。


子供の頃は、やりたいことだけに集中できたのに。


行きたい場所が、はっきりわかってたのに。



時間が欲しい。


ゆっくり進んでほしい。


ため息と、疲れの無い体が欲しい。




No858.jpg















No871.jpg















No859.jpg















No860.jpg















No868.jpg















No861.jpg















No862.jpg















No872.jpg















No863.jpg















No869.jpg















No864.jpg















No865.jpg















No870.jpg















No873.jpg















No866.jpg















No867.jpg


あっ! あの時と同じ彩雲を見つけたよ。。。





みんな空の下


友、遠方よりきたる



この週末、東京から彦さんがやって来た。

4か月ぶりの再会。

この日は日の出から日が暮れるまで、彦さん、北近畿三田鉄道さんの3人で、

秋晴れの丹波路を、国鉄色という特急列車を追いかけた。

3人、日常のうすのろを忘れて、青空の下、

無邪気に笑えた。



No847.jpg















No848.jpg















No849.jpg















No850.jpg















No851.jpg















No852.jpg















No853.jpg















No854.jpg















目には見えない形のない、友達の輪を大切に生きていきたい。



No855.jpg

彦さんお疲れさまでした、またの再会楽しみにしてます。















No856.jpg

北近畿三田鉄道さん、完璧な撮影スケジュールと現地ガイド、ありがとう。










No857.jpg





nice!(3)  コメント(2) 

そばにいて


早朝の里山


胸の痛みをこらえながら


小さな朝の光に


心奪われる



838.jpg















839.jpg















840.jpg















841.jpg















842.jpg















844.jpg















843.jpg















845.jpg





雨に打たれ


風にさらされ


時のゆくまま


寄り添い 語らいあう 小さな花


寂しいときも


独りじゃない



846.jpg





日々の中に

毎日の生活に、追い立てられてて



足元に、こんなにも美しい情景があるの



今でも気付いてないでしょ・・・




835.jpg
















836.jpg















837.jpg




日々の生活に翻弄されながらも


好きな芸術家の絵を見て感銘を受ける


好きな監督の映画を見て感動する


好きなアーティストの音楽を聞いて涙する


好きな場所で光を感じる


そしてまた、前に進む気持ちになる


 ” 悠々として急げ ”





夏が去る


 観光客が去り


    海鳥が去り


       夏が去る・・・








825.jpg















826.jpg















827.jpg















828.jpg















829.jpg















830.jpg















831.jpg















832.jpg















833.jpg















834.jpg







たまには鉄分

この日、北近畿三田鉄道さんのお誘いで、北陸へ撮り鉄の旅。


列車の形式とかは、よくわかりませんが、


風景の中にある列車を写し止めるのが好きです。



807.jpg















808.jpg















809.jpg















810.jpg















811.jpg















812.jpg















813.jpg















814.jpg















815.jpg















816.jpg















817.jpg















818.jpg















819.jpg















820.jpg















821.jpg















822.jpg















823.jpg















824.jpg



北近畿三田鉄道さんの綿密なる撮影スケジュール。


あわら温泉付近まで北上して、列車を追っかけて、いっきに琵琶湖まで南下を


一日で、二往復するという荒行です。


北近畿さん、大変お世話になりました。





秋の気配

この日、兵庫県北部の里山を訪れました。


通行不能の看板に引きつけられ、

過疎の農村を歩きました。


人気のない寂しさと、やがて訪れる秋の気配に、

切ない気持ちで、シャッターを切りました。





789.jpg















790.jpg















791.jpg















792.jpg















797.jpg















793.jpg















794.jpg















795.jpg















796.jpg















800.jpg















801.jpg















802.jpg















803.jpg















805.jpg















806.jpg















798.jpg



整備されることのない農道。

細かくひび割れたアスファルトに湧水が溜まり、

太陽の光をギラギラと反射する様に、

朽ちていく刹那の美を感じました。






夏の終わりに

日常から、エスケープして、北陸を旅しました。



夕暮れの越前海岸に、車を走らせる。


さもすれば、通り過ぎてしまいそうな、この静かな漁港。


一生、訪れることのなかったかもしれない漁港。



776.jpg















777.jpg















778.jpg















779.jpg















780.jpg















781.jpg















782.jpg















783.jpg















784.jpg















785.jpg















786.jpg















787.jpg















788.jpg




自分にとっては、非日常の光景でも、ここに暮らす人々には、


なにも変わることのない、ありふれた一日の終わり。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。